others

[2023年5月]国産メーカーの電気自動車って今どのくらいあるの?

投稿日:

 

 

今日はブログザビートにご訪問してくださりありがとうございます!

 

いやー早速なんですけども

国産メーカーから発売している

電気自動車(PHEV車は除く)って

どのくらいの種類があるんだろう?

 

私は現在日産ディーラーに

勤めているわけなんですけども

 

日産の電気自動車といえば・・

サクラ

リーフ

アリア

と3車種の電気自動車があります。

 

2010年に

世界初の量産電気自動車リーフを

発売したメーカーが日産!

 

なんだか誇らしく

先駆者のような

気持ちで販売活動を

行ってきました。

 

ところが

最近そのアドバンテージも

徐々に脅かされるほど

他社メーカーも

電気自動車の開発にシフトしてます。

 

※そもそも何で電気自動車?

カーボンニュートラルとは?

 

実際のところ

2023年5月現在

どの国産メーカーが

電気自動車を発売しているのか?

自分の勉強もかねて調べてみました。

 

たまに

私の主観が

心の声のように

出てしまいますが

ご了承ください。

 

注意

車種別の主なスペック欄

電気自動車購入

補助金について記載がありますが

2023年5月現在の情報であり

国の予算がなくなり次第終了となります!

一般社団法人次世代自動車振興センター

 

また

自治体によっては国とは別に

電気自動車の購入補助金を

交付しています。

東京都 電気自動車購入補助金

 

でははじめます!

スポンサーリンク

[2023年5月]国産メーカーの電気自動車って今どのくらいあるの?

トヨタの電気自動車 bZ4X

bZ4X

 

まずはトヨタの

電気自動車を調べてみました。

 

あれ?

 

もっとたくさん出ていると思ったけど

 

まだ日本で発売しているのは

bZ4Xの1車種だけなのね。

 

豊田現会長のあの発表の

インパクト強すぎて

10車種くらい出てると思った。

 

2021年12月 トヨタEV戦略の発表会

 

 

2030年までに

世界で30車種の

電気自動車を出すと

発表してはいたけど

まだ1車種!

 

でも

たくさん電気自動車を

出しているかのような

存在感!

 

さすが戦略が上手い!

 

電気自動車は

ガソリン車と比較すると

車の構成部品が少なくなるため

 

トヨタがハイブリッド車戦略から

電気自動車にシフトしすぎると

部品メーカーや下請工場が混乱するのかな?

(あくまで私の主観です)

 

とはいえ

トヨタがハイブリッド車ではなく

電気自動車を

たくさん販売しないと

日本の電気自動車比率は

いつまでたっても

上がらないなんだよなぁ。

 

2022年 国別電気自動車販売比率

  • 日本 1.7%
  • 中国 19.0%
  • 米国 5.8%
  • 欧州 11.0%

 

bZ4X  主なスペック

新車価格 6,000,000円〜(リース販売のみ)
国の補助金 850,000円
バッテリー容量 71.4kWh
駆動/航続距離  

FWD / 559Km

4WD / 540Km

全長/全幅/全高 4690mm/1860mm/1650mm
乗車定員 5人

 

スバルの電気自動車 ソルテラ

ソルテラ

 

そして次はスバルの

電気自動車ソルテラ

 

というかソルテラって

名前知らなかったんですよね・・

 

トヨタと共同開発したということで

先ほど調べたbZ4Xと兄弟車なのですね!

 

トヨタbZ4Xはリース販売のみなので

普通に購入したい方は

スバルソルテラがいいのかもしれないですね。

 

ソルテラ 主なスペック

新車価格 5,940,000円
国の補助金 850,000円
バッテリー容量 71.4kWh
駆動/航続距離  

FWD / 567km

4WD / 542km

全長/全幅/全高 4690mm/1860mm/1650mm
乗車定員 5人

 

そういえば先日

ソルテラを購入した方から

こんな問い合わせが・・

 

ソルテラユーザー様「すいません、日産の充電プランに加入したいんですけど」

 

私「購入したメーカーで充電されないのですか?」

 

ソルテラユーザー様「スバルでは車は販売するけど充電は他でやってほしいと・・」

 

私「!!!つまり充電については対応出来ないと?」

 

ソルテラユーザー様「スバルの店頭に急速充電器を設置する予定がないと言われたんだよね」

 

その後その方は

「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3」

略してZESP3に加入しました。

 

たぶんうちの店にスバル車が

充電に来ることになるでしょう・・

 

いいんですけど

なんだかなぁ・・

 

外出先での充電プラン

日産ZESP3

 

日本の電気自動車充電スポット数

  • 全国 19,849箇所
  • CHAdeMO(急速充電器)9,682箇所
  • 100V/200V(普通充電)約23,113箇所
  • テスラ車専用 606箇所(テスラ公式

2023年5月 GoGoEV 調べ

 

ちょっと古い情報ですが

2021年6月現在

日産販売店に設置している

急速充電器数は約1,900箇所との事!

 

日産は電気自動車の

インフラを支えています。

(もっとニュースで取り上げて欲しい)

 

まあ自宅のみで充電する方なら

気にしなくていいんですけどね。

 

自宅用充電設備の申し込みはこちら

株式会社JM

 

ホンダの電気自動車 Honda e

Honda e

 

続いては

ホンダの電気自動車 Honda e です。

 

2020年に発売していたんだ・・(今は2023年5月)

 

勉強不足で

すいませんって

感じです。

 

電気自動車同士で

他メーカーと競合などほぼしないから

勉強していませんでした!(言い訳)

 

それにしても

かわいらしいデザインですね!

なんとなく電気自動車だ!って

わかるようなデザインなのは

気のせいでしょうか?

 

あ!

ドアミラーが

デジタルミラーだからか!

 

トヨタbZ4Xやスバルソルテラは

そこまで電気自動車な感じの

デザインを主張していないですよね。

 

メーカーによって

アプローチの仕方が

違うのも面白い!

 

Honda e  主なスペック

新車価格 4,950,000円
国の補助金 555,000円
バッテリー容量 35.5kWh
駆動/航続距離 RWD / 259km
全長/全幅/全高 3895mm/1750mm/1510mm
乗車定員 4人

 

ふむふむ。

全長は日産マーチくらいで

全幅が1700mm以上だから

3ナンバーなのね。

 

お?でも4人乗りか!

 

RWD(後輪駆動)のみだから

北海道ではあまりニーズがなさそうだな。

 

ということで

やっぱり競合はしなさそう・・

(良かったー 笑)

 

車両価格4,950,000円で

バッテリー容量が35.5kWhだから

1kWhあたり約140,000円か。

 

そんな計算は

あまり意味がないかもしれないけど

なんとなく価格設定が高く感じる・・

 

電気自動車の価格をどう捉えるか

難しいところですよね。

 

三菱の電気自動車 eKクロス EV(軽自動車)

eKクロス EV

 

日産と三菱で共同開発した

軽自動車の電気自動車!

 

2022-2023日本カーオブザイヤー受賞車にも

なりました。

 

日産サクラと兄弟車になりますが

見た目はそれほど似ていないですね!

 

軽自動車で電気自動車という

コンセプトがどれほど

お客様に受け入れられるか

心配でしたが

やはり価格が前述の3台と違って

200万円台から買える価格設定

ということもあり

2022年はたくさん売れましたよね!

 

2022年販売台数7657台!

ちなみに日産サクラが33097台

 

2台合わせて約4万台!

 

2022年に日本で売れた電気自動車(輸入車も含む)が

77238台ということでこの内の半分以上

三菱eKクロスEVと日産サクラの台数!

 

やはり軽自動車は強い!

 

eKクロス EV  主なスペック

新車価格 2,546,500円
国の補助金 550,000円
バッテリー容量 20kWh
駆動/航続距離 FWD / 180km
全長/全幅/全高 3395mm/1475mm/1655mm
乗車定員 4人

 

三菱の電気自動車 ミニキャブ•ミーブ(軽商用車)

ミニキャブ•ミーブ

 

この形が懐かしい!

また復活したんですね!

 

日産もクリッパーという名前で

三菱ミニキャブのガソリン車を販売していたけど

今はスズキのエブリイがクリッパー!

 

もうミニキャブの形で販売することは

ないんだろうなぁ・・

 

あ、すいません。

電気自動車の話でしたね。

 

ミニキャブミーブの歴史は古く

2011年から発売していました!

 

1度は生産終了したはずだったけど

2022年11月より販売再開!

 

商用車なので

個人で購入するというよりは

法人向けかなと思います。

 

たくさん軽商用車を所有している

法人がもし全てミニキャブミーブEVに

切り替えたら、

 

ガソリンを入れる事と

オイル交換から解放されるので

ランニングコストと時間的コストが

改善されるのではないでしょうか。

 

このジャンルの電気自動車は

これからニーズが高まる予感!

 

ミニキャブ・ミーブ 主なスペック

新車価格 2,431,000円
国の補助金 410,000円
バッテリー容量 16kWh
駆動/航続距離 RWD / 133km
全長/全幅/全高 3395mm/1475mm/1915mm
乗車定員/最大積載量 2人(4人) / 350kg(200kg)

 

さあお次は

いよいよ

日産です!

 

冒頭でも申し上げたとおり

日産ディーラーに勤めていますので

ここからは熱量が

少し高くなりますが

お許しください(笑)

 

 

日産の電気自動車① サクラ(軽自動車)

サクラ

 

こちらが日産版

軽自動車の電気自動車!

サクラです!

 

2022年に日本で

1番売れた電気自動車!

 

私もお世話になりました!

 

お客様からは

 

「軽自動車なのに静かで揺れが少ないよね!」

 

「以前乗っていた軽自動車のターボより段違いの加速だよ!」

 

などとご評価いただいております。

 

といいますか

電気自動車って

あまりパワーがないと思われているのか

試乗していただくと

みんなびっくりします。

 

坂道もグングン!

追い越しもラクラク!

そして静か!

 

そんな軽自動車ありましたっけ?

 

日産サクラも

2022年度カーオブザイヤー受賞車です!

2022−2023 日本カーオブザイヤー

 

日産公式YouTube

 

次は

日産の電気自動車ラインナップ2台目!

 

日産の電気自動車② リーフ

リーフ

 

2010年に発売した

世界初の量産電気自動車リーフ!

 

こちらのモデルは2代目です。

 

思えば初代リーフが発売した

2010年からの数年は

本当に販売に苦労しました。

 

カタログには

満充電で航続距離が200km走行と

記載されていましたが

エアコンやヒーターに気温などの

影響を受けまくりで

100km走らない事などもありまして

さらに今ほど充電施設がない状態!

 

もう大海原にいかだで

航海に出た気分でした(笑)

 

それを考えると

今は本当に恵まれた状況です。

 

リーフ 主なスペック

※表が見切れているスマホの方は横に向けてください

車種グレード リーフ リーフ e+
車両価格 4,081,000円 5,253,600円
国の補助金 780,000円(ニスモ•オーテック除く) 850,000円
バッテリー容量 40kWH 60kWh
駆動/航続距離 322km 450km
全長/全幅/全高 4480mm/1790mm/1560mm 4480mm/1790mm/1565mm
乗車定員 5人 5人

 

ただあまりに

初代リーフが苦戦したため

日産はe-POWERという

電気自動車に発電エンジンを積み

充電のいらない電気自動車を発明!

 

おかげでe-POWERを搭載した

日産ノートが爆発的に売れました!

 

関連記事

[新型E13ノート]気になるところを書き出してお勉強!

 

日産公式YouTube

 

さあ!

最後にもう1台!

最強の日産の電気自動車!

 

日産の電気自動車 アリア

アリア

 

写真でもお分かりになるとおり

アリアはSUVタイプの電気自動車です。

 

大きなタイヤと

充分な車高の高さで

高い走破性を可能にする

SUVのジャンルと

街乗りでの

最高の静粛性と

最高の乗り心地

そして

最高にプレミアムな質感を。

 

日産が全ての英知を注ぎ込んだ

渾身のクロスオーバーSUV

 

電気自動車だろうとなかろうと

アリアはとにかくカッコがいいのです!

 

走っている姿を見ると

思わず振り返ってしまうような

クルマってありますよね?

 

アリアはまさに

そんな存在感のある

クルマです!

 

発売の1年前から

CMをするという

異例の宣伝方法で

発売していると勘違いしたお客様が

よく来店されました。

 

先行予約専用のグレード

limitedシリーズには

4WDの設定がありましたが

標準グレードは2WDのみで

販売スタート!

しかも

2023年5月現在

オーダー停止中!

 

先行予約のお客様の納車が

落ち着きましたら通常販売を

していく事になりそうです。

 

早く販売を再開してくださーい!

 

アリアB6 主なスペック

新車価格 5,390,000円
国の補助金 850,000円
バッテリー容量 66kWh
駆動/航続距離 FWD / 470km
全長/全幅/全高 4595mm/1850mm/1655mm
乗車定員 5人

 

アリアが販売再開したあかつきには

アリアB9という

バッテリー容量91kWh

FWD / 航続距離640km

4WD / 航続距離560km

(いずれも先行予約グレードlimitedのカタログスペック)

 

こちらもきっと登場してくれると

期待しています!

 

日産公式YouTube

スポンサーリンク

最後に

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

この記事の情報は

2023年5月現在のものになりますので

本気で購入を検討される方は

お近くにディーラーや公式サイトで

チェックしてみてくださいね!

 

最後に

私が電気自動車を販売してきて

お客様からご指摘いただいた声を

メリットとデメリットにわけて

記載させていただき

この記事を終わりにしたいと思います。

 

電気自動車ユーザー様のメリットのお声

  • ガソリン車では味わえない静粛性と加速性能
  • ガソリンスタンドへ行かなくてもよくなった
  • 深夜電力契約でお安く充電している
  • ガソリン車より月の燃料費が安い
  • メンテナンス費用が安い
  • 蓄電池としても使えるので災害時に安心
  • 先進的なクルマを使用している喜びを感じる

 

電気自動車ユーザー様のデメリットのお声

  • 航続距離が心配
  • 外出先での充電時間が長い
  • 外出先で急速充電器の使用が混んでいるときがある
  • 冬の寒さにより航続距離が短くなる
  • 補助金交付まで時間がかかる
  • 車両価格が高い
  • 自宅のアンペア契約を上げることになった

 

2023年6月より

家庭向け電気料金が値上げになるということで

電気自動車がガソリン車に対して

ランニングコストが低いという

メリットが目減りしてしまいます。

 

なかなか官民一体となった

電気自動車の普及とは

いかないものですね。

 

それではまた!

参考サイト

トヨタ公式サイト

スバル公式サイト

ホンダ公式サイト

三菱公式サイト

日産公式サイト

EV DAYS 様(https://evdays.tepco.co.jp

日刊自動車 様(https://www.netdenjd.com

スポンサーリンク

-others
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

自動車ディーラー営業マン勤続25年を振り返り!だから続いている4つの理由

  今日はブログザビートに ご訪問してくださりありがとうございます!   今回はですね・・ なんと!   私自身のお仕事を 振り返ります!   なんでそれが 今 …

広く浅くもわるくない(笑)飽きっぽい人は多趣味だと細く長続きする説!

  今日はブログザビートに ご訪問してくださりありがとうございます!   早速ですが   あなたは1つの趣味で 長く続けていることなどありますか?   長く続け …

家族で4年ぶりのディズニーはやっぱり最高だった!ディズニーシー編

今日はブログザビートにご訪問してくださり ありがとうございます!   今回は家族4人で 4年ぶりに行った 2023年3月の ディズニーのおはなし(^ ^)     旅行の …

くるま何が売れてる?営業マン視点で2020年上期振り返り

今日はブログザビートを見に来てくださりありがとうございます! 今回の内容は2020年上期新車販売台数(1月〜6月)が発表されましたので営業マン視点で振り返りたいと思います。

日産セダン開発中止の場合、販売会社に起こる2つのデメリット

今日はブログザビートを見に来てくださりありがとうございます! そしていつも記事を読んでくださり本当にありがとうございます!

Amazon

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Google